介護スタッフについて

介護人材
をお探しの方

世界で認められた高いホスピタリティ フィリピン人の介護スタッフ

ビザアシストがご案内している外国人介護スタッフは、結婚などで日本に長く暮らしている在日フィリピン人です。
人材の安定確保をめざし、派遣ではなく直接雇用を希望する施設も増えており、全国のさまざまな介護施設で活躍しています。
また、その需要は年々増え続けています。フィリピン人はお年寄りに対して優しい、親切と入居者からの評判も良く、そのホスピタリティの高さを評価されています。

なぜフィリピン人介護スタッフ?

● 思いやりを持った国民性、フィリピノ・ホスピタリティ

フィリピノ・ホスピタリティと呼ばれる明るい性格とやさしさで、お年寄りを元気づけ、職場を明るくします。

● お年寄りを大事にする国で生まれて育つ

大家族で生活するのが当たり前のフィリピン人は、もともとお年寄りと接することに長けています。

● 日本語でのコミュニケーションに堪能

日本に長く暮らしているので、日本語でのコミュニケーションはもちろん日本の文化や習慣にも通じています。

ビザアシストの介護スタッフをおすすめする理由

日本に暮らすフィリピン人ですから、介護スタッフとして採用した際、会話によるコミュニケーションについてはほとんど問題はありません。
しかし、課題もあります。その最も大きなものが、日本語の読み書きです。
ビザアシストではフィリピン人介護スタッフの育成において日本語講座を受講したスタッフを派遣しておりますが、やはり日本人と同様にはできません。
従って、受け入れていただく事業者様に若干の体制づくりをお願いしております。

● 読み書きが少し不得意です

当社から紹介で介護スタッフとして仕事につくフィリピン人は介護士養成講座と同時に日本語講座を受講しております。
また平均在日年数は約10年で、日常会話はほぼも問題なく行え、多くの介護スタッフはひらがな、カタカナの読み書きは行えます。
しかし一方、漢字まじりの文章は少々苦手ですので、事業者様にも若干のご協力をお願いしております。

● 受け入れ体制づくりが必要です

フィリピン人介護スタッフに限らず、日本人主体の職場に外国人を導入する際、受け入れていただく事業者様にはその体制づくりをお願いしたいと考えています。

● 外国人スタッフのためのさまざまな仕事環境の整備

必要書類や職場に貼られている注意書きなどに英語を併記していただいたり、また、申し送り書などのチェック項目を文章ではなく、
誰もが理解できる図形的な表記としていただいたりすることで、採用直後の外国人ケアギバーの仕事効率は確実にアップします。

ご案内可能ビザ形態