紹介から就業までの流れ

海外から人材を受け入れる場合

STEP1 ご依頼

条件・募集内容のご共有
貴社の事業理解をはじめ、求める人物像、スキル内容、配属先の職種などを明確に 把握させていただくために十分なヒアリングを行います。

STEP2 フィリピンへ手配

フィリピン現地人材会社(POEA認可)へ求人手配
ヒアリングした募集内容をもとに弊社が求人を行い応募者を精査・選抜をします。
面接実施まで2週間を頂ければ集客が可能です。

STEP3 面接( 貴社)・内定

現地で面接 / スカイプ等で面接
面接には弊社スクリーニングにより厳選された人材のみ参加するので、スキルの一定基準は担保しています。
その日のうちに内定者を決定承諾を得ることができます。

STEP4 日本のフィリピン大使館へ申請

フィリピン大使館労働部(POLO)へ申請
フィリピン大使館労働部(POLO)へ雇用の申請を出し許可をもらいます。
貴社へのインタビューなどもあります(初回の場合)

STEP5 フィリピン側へ書類提出

フィリピン海外雇用庁(POEA)へ書類提出
POLOよりリリースされた書類を就労者へ送付し、就労者がPOEAへ書類を提出しPOEAの許可をもらいます。

STEP6 ビザ申請手続き

行政書士による手続き
ビザ申請等、複雑な手続きを弊社と契約している申請取次専門の行政書士が手厚くサポート。
貴社の代わりに手続きを行いますのでご安心ください。

STEP7 来日 ~ 入社

採用者の来日 ~ 貴社入社までサポート
弊社は登録支援機関の登録もしており、採用者の居住地斡旋や生活の手配等の サポートも行っています。

フィリピン海外雇用庁(POEA)

フィリピンには海外雇用庁(Philippine Overseas Employment Administration)という役所があります。

フィリピンは、人口のわりに能力に見合う仕事が少なく就職難であることから、海外で働く人が多いです。

欧米だけでなく、ドバイやカタールなどの中東に勤務することも一般的です。

このように海外へ出るフィリピン人の権利を守るために、出国前に勤務先の審査をするのがPOEAの役割です。

勤務先の現地登録情報や、雇用主とフィリピン人労働者との契約内容が適正かどうかチェックされ、携わる職種や勤務形態(直接雇用、派遣)により提出書類は異なります。

POLO

POEAの海外出先機関がPOLO(Philippine Overseas Labor Office)です。

日本では六本木のフィリピン大使館の中にあり、基本的には英語での対応ですが、日本語の堪能な職員もいます。

直接雇用の禁止

以前は、日本の雇用主とフィリピン人就労者の間で直接契約して先にビザも取って来日し、POLOには事後報告でも問題なかったようですが、2017年の8月から法律が変わり、フィリピン人が海外で就労する場合は、POEA認定の現地エージェントを介することになりました。

エージェントは、POEAのライセンスや代表者のパスポートのコピーを提出しますし、フィリピン海外雇用庁の定めた基準に適合する契約書等を作成してくれます。

POEAの手続きが完了していないと、就労者がフィリピンを出国する際にイミグレーションで止められてしまって、いくら日本のビザがあったとしても出国できません。

日本にいる外国人を紹介する場合

STEP1 ご依頼

条件・募集内容のご共有
貴社の事業理解をはじめ、求める人物像、スキル内容、配属先の職種などを明確に 把握させていただくために十分なヒアリングを行います。

STEP2 人材マッチング

弊社独自のネットワークで優秀な人材を確保

①フィリピン人エージェントと業務委託契約

②教会やSNSコミュニティを多数保有

③イベント参加によるPR活動

大切な友人のために困っている人を助けたい
Philippino Hospitality

STEP3 面接

貴社人事ご担当者さまと面接
弊社エージェントと共に伺い面接をしていただきます。
在日のフィリピン人のため、日本語には問題ありません。

問合せ

\ まずはお気軽に相談ください /

093-482-4121
平日 9:00 ~ 18:00