Q3:就労ビザで制限されている業務以外の業務を実施していた場合はどうなりますか?

審査の際や(立ち入り検査含む)、就労者本人からの告発などで判明した場合は、就労者本人の在留資格がなくなるだけでなく、企業の外国人就労が否認される可能性が高くなります。